MENU

アフターピル


人気のアフターピルと成分について

 

アフターピルが人気なのはそれまでの緊急避妊に使用されていた卵胞ホルモンと黄体ホルモンのうちの、黄体ホルモンだけを含んでいることで、それによって吐き気や頭痛などの副作用が緩和されたので、それまでの中用量ピルに比べると飲みやすくなっています。アフターピルの成分は黄体ホルモンだけなので、効果的に妊娠状態を作り出して避妊率を95%以上にするのですが、1回服用するだけで効果を発揮するので、女性の体の負担が少ないことで人気となっています。アフターピルは緊急避妊にしか使われないので繰り返す服用することはありませんが、黄体ホルモンは排卵を完全に止める役割があるので、性犯罪の被害にあった女性が服用すると24時間以内ならばほぼ100%避妊できるので、最終手段として用いられています。それまでの中容量ピルでは吐き気がひどかったので、産婦人科医などからアフターピルの導入を希望する声がありましたが、性犯罪被害者が望まない妊娠をするのを防ぐためにアフターピルが認可されました。婦人科などで治療を受けると1万5千円程度の料金がかかりますが、中容量ピルを用いた緊急避妊は8千円程度の料金となっています。しかし副作用などを考えると黄体ホルモンのみの避妊のほうがメリットが大きいとされています。

アイピル