MENU

アフターピル


アフターピルで生理を遅らせると起こる症状とは?

 

アフターピルは緊急避妊薬ですがあまり知名度がなく、知らない人の方が多い避妊薬でもあります。

 

定期的に飲むことで避妊する効果を得られる低用量ピルとは異なる点は、

 

セックスの避妊に失敗した場合になるべく早く飲むということです。

 

遅くても72時間以内に服用することで、妊娠を回避できますが、100%の効果ではなく、

 

今回のセックスで妊娠したのではなく、前回行ったセックスで妊娠していた場合には効果は得られません。

 

アフターピルは女性ホルモンの合成薬であり、

 

それを服用することで大量の女性ホルモンが体内に入ってきて、人工的に生理を起こさせます。

 

副作用として、頭痛や腹痛、吐き気や嘔吐などの症状が出ることがあり、特に嘔吐してしまうと薬効が薄れてしまうこともあるので、

 

最近のアフターピルは吐き気や嘔吐などの副作用が少ないものが多いようです。

 

アフターピルは人工的に生理を起こすため、服用により生理遅らせたら、生理周期が乱れるので一か月に2回生理が来たり、

 

あるいは服用後の出血以降はまったく出血が出ないなど症状は人によって様々です。

 

また、排卵日なども乱れることもあり、生理周期が安定するまで避妊せずにセックスを行うと、

 

思わぬ時に排卵していて妊娠してしまうことも考えられるので、

 

生理周期が安定するまではしっかりと避妊を行ってからセックスをするようにしましょう。

アイピル