MENU

アフターピル


アフターピルの副作用の原因について

 

セックスの際にあらかじめ避妊せずに行った場合や、避妊をしていたにもかかわらず失敗してしまったときに、

 

服用することで妊娠するのを防ぐ作用のある緊急避妊薬であるアフターピルには、様々な副作用があらわれることがあります。

 

腹痛や頭痛、胸の張りなど症状が小さいものであればあまり心配はないのですが、

 

吐き気や嘔吐などの症状が出ることもあります。

 

アフターピルの服用における副作用の原因は、アフターピルに含まれる女性ホルモンの増加が原因です。

 

アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれており、

 

それが体内に入ることで人工的に子宮内膜をはがして生理を起こさせます。

 

急激な女性ホルモンの増加によりホルモンバランスが崩れることによって吐き気や嘔吐などの副作用があらわれるのです。

 

通常二回の服用をすることが基本ですが、

 

 

一回目に服用後にすぐ吐いてしまうと薬の薬効が薄まってしまうので続けてピルを服用する必要があり、

 

ピルを処方してもらうクリニックに吐き気止めも一緒に処方してもらうのが良いでしょう。

 

一般的に服用後から24時間たてば症状は落ち着きますが、

 

24時間たっても吐き気や嘔吐が治まらない場合には婦人科で診てもらうようにするのが望ましいでしょう。

アイピル