MENU

アフターピル


アフターピルの副作用として報告数が多い症状

 

アフターピルを服用することによって、妊娠を防ぐことができますが、アフターピルのような緊急避妊薬と呼ばれるものは、

 

強制的に生理を起こすことになりますから、女性ホルモンを大量に摂取するということが体内で行われるようになります。

 

その結果、様々な副作用が出てしまう可能性があります。

 

アフターピルを服用することによって起こることが多いといわれている副作用としては、

 

倦怠感や頭痛、生理が起こった時の出血量の増加や減少、下腹部の痛みなどがあります。

 

また、身体症状だけではなく、イライラといったような精神症状も起きることがあります。

 

しかし、これらの副作用については、個人差がありますし、ピルではなく他のことが原因であったり、

 

症状も数時間から半日程度で緩和することが多いといわれていますから、それほど気にする必要はないかもしれません。

 

しかし、症状が続くような場合は、医師に相談してアフターケアをするということが大事になってきます。

 

中には、喫煙習慣がある人もいるかもしれませんが、アフターピルを使用する場合は、

 

喫煙をする人は心臓や循環器系への影響がある場合がありますから、

 

アフターピルを服用する場合は、喫煙は控える必要があります。

アイピル