MENU

アフターピル


アフターピルの副作用とは?

 

アフターピルは一般的に使用されている低用量ピルとは違い、緊急避妊のために使用される方法です。

 

そのため、低用量ではなく中用量の女性ホルモンを配合、もしくはそれに相当する量を含んだ錠剤を使用します。

 

急激な女性ホルモンの変化で、排卵を抑制する作用があり、

 

避妊に失敗した際の精子の受精や着床をできなくする効果があります。

 

性交後の72時間以内で80%ほどの避妊率を誇りますが、早めに使用するとそれだけ成功率は上がり、

 

24時間以内では90%以上の成功率となります。

 

そのため、避妊が失敗した場合の望まない妊娠を避けるために利用されますが、

 

ホルモンバランスを大きく変化させることから、女性の体への負担も大きくなります。

 

アフターピルにはヤッペ法とノルレボ法の2つの方法があり、プラノバール錠を用いたヤッペ法は1回2錠の服用で

 

、12時間後に再び2錠を服用し、ノルレボ錠を使用する方法では1回1錠のみで避妊が完了します。

 

一般的にはノルレボ法が負担や副作用が少ないと言われていますが、それでも個人差によって違いは出ます。

 

どちらにも吐き気や頭痛、めまいや嘔吐がありますが、薬の効果が切れると次第に落ち着くとされます。

 

また、体重の増加や胸の張り、一時的な抜け毛が報告されていますが、どれもが後遺症として残ることはないようです。

 

しかし、頭痛などは人によって強く出ることもあるので、安全とは言い切れないようです。

アイピル