MENU

アフターピル


最近のアフターピルの傾向について

 

アフターピルの使用は、コンドームの使用に失敗したり、望まない性行為があった場合に、性行為後でも避妊することができる方法として有効的な手段の一つです。アフターピルを服用することによって、排卵、受精、受精卵の着床という妊娠に必要な段階を防ぐことになりますから、かなり高い避妊効果を得ることができます。これまでのアフターピルの服用方法としては、性行為後72時間以内に、2回に分けて服用するという方法でした。しかし、この方法であると、飲み忘れてしまい、避妊効果が薄れてしまうということがありました。しかし、アフターピルの最近の傾向としては、性行為後72時間以内に1回服用すればよいというものが登場してきたりしていますから、飲み忘れが気になる人は、多少費用はかかりますが最近のアフターピルを使用してみるとよいかもしれません。また、これまでの薬は副作用として、吐き気などの副作用がありましたが、最近の薬は、そういった副作用についても少ないタイプのものが出てきていますから、副作用が気になる人は最近の薬の方がよいでしょう。特に仕事をしている人は、体調管理が重要になってきますから、たとえわずかな時間でも副作用が出てしまうと、仕事にも影響が出てきています。

アイピル