MENU

アフターピル


アフターピルの病院処方とその値段の相場について

 

アフターピルは、コンドームの破損や装着ミスなどで、避妊に失敗した性行為の後で服用して、

 

妊娠を回避する薬のことで、緊急避妊薬とも呼ばれます。アフターピルは、通常は婦人科を受診して処方してもらいます。

 

病院処方のアフターピルには2種類あり、ヤッペ法と呼ばれる中用量ピルを2回飲む方法と、

 

緊急避妊のために開発されたノルレボ錠を1回飲む方法があります。

 

自由診療なので病院によって値段は変わりますが、相場としてはヤッペ法で5000円前後、ノルレボ錠で15000円から20000円程度です。

 

ただし、洗浄や超音波検査を行う場合にはさらに料金がかかります。

 

アフターピルは、全ての婦人科で取り扱っているとは限らないので、対応しているかどうか、

 

対応しているなら値段についても問い合わせてから受診していください。

 

アフターピルは、性交後72時間以内に服用し、早いほど避妊効果が高くなります。

 

ヤッペ法では副作用が強く、嘔吐するケースもあります。服用後、短時間のうちに嘔吐すると、

 

薬の成分が吸収されないため、再服用が必要です。

 

ノルレボ錠の方は、副作用も少なく、1度の服用で済むのがメリットです。

 

いずれの場合も、服用後、生理が来たら避妊が成立したことが分かります。

 

予定日から1週間過ぎても生理がない場合には、妊娠の可能性がありますので、婦人科を受診しましょう。

アイピル