MENU

アフターピル


アフターピルを病院で処方してもらうのに必要なことはあるの?

 

アフターピルは緊急時の避妊法として用いられており、避妊に失敗した人やレイプの被害にあった女性などが利用しています。

 

医師の処方薬となっているので、市販はされておらず、購入するには婦人科などの病院に行く必要があります。

 

基本的には必要なものはありませんが、身分証として保険証の提示を求められることがあるので、

 

持っていった方がいいでしょう。

 

受付でアフターピルの処方をお願いすると、簡単な問診票に最近の性行為はいつだったかなどの記入をすることになります。

 

ここでアフターピルの服用に心配な人は、基礎疾患や既往症などを記入するといいでしょう。

 

その後、医師と問診して何も問題が無ければ処方されます。場合によっては血液検査をすることもあり、

 

アフターピルを服用できないようであれば処方は断られることになります。

 

成人・未成年の区別はなく処方され、親への連絡も行かないようになっています。

 

アフターピルには保険が適用されないので、自由診療となって費用が大きく5,000~15,000円ほどかかるので、

 

お金はなるべく多めに持っていったほうがいいでしょう。特に難しいことはないので、

 

保険証とお金さえ用意できれば、あとは簡単に処方してもらえます。

アイピル