MENU

アフターピル


アフターピルの必要性

 

妊娠を回避する方法はいくつかありますが、

 

もしも避妊ができずに性行為をした場合はアフターピルを使用することによって避妊することができます。

 

中には、アフターピルを使用することに対して抵抗がある人もいるかもしれませんが、

 

実際に妊娠してから中絶をする方がより身体的に影響が強いですし、さらに精神的にも影響を及ぼすことがあります。ですから、

 

未然に望まない妊娠を防ぐという意味ではアフターピルの必要性はあるということがいえます。

 

このアフターピルを服用することによって、女性ホルモンのバランスが崩れることになりますが、

 

それは一時的なものであり、生理がくれば、再びもとの状態に戻ります。ですから、安全性についても特に問題はありませんから、

 

安心して使用しても大丈夫です。

 

ただし、アフターピルの避妊率は100パーセントではなく、80パーセントくらいの確率となっていますから、

 

必ずしも妊娠しないというわけではありません。

 

もし、3週間以内に出血が起こらない場合は、自分で妊娠検査薬を用いてチェックする必要があります。

 

また、妊娠検査薬の結果、妊娠していることになったら、すぐに産婦人科に行って相談することが大事になってきます。

アイピル