MENU

アフターピル


アフターピルは避妊に失敗した時、生理痛の服用には低用量ピルを使おう

 

ピルと一口に言っても、中用量のものと低用量のものでは、体への負担が違います。

 

アフターピルとして使用するピルは中用量のもので、避妊薬として非常に高い効果を発揮する一方で、

 

急激なホルモンの変化を促し、体への負担も大きいものです。

 

一方で、低用量ピルは、短期的な大きなホルモンの変化を引き起こすことはないため、強い副反応が出づらく、

 

体への影響が少なくて済みます。

 

ただし、避妊に失敗したとき、低用量ピルはアフターピルとしての使用はできません。

 

また、日常的な避妊のために低用量ピルを服用する場合は、毎日同じ時間に服用することが必要です。

 

逆に、生理痛やPMSを軽減するためにピルを服用するという場合には、

 

アフターピルとして使用できるような中用量以上のピルは副反応が強く出るため、不向きです。生理痛の服用には、

 

低用量のピルを使いましょう。

 

また、いずれの場合も、ピルを飲むことで頭痛や吐き気が起こる等の副反応が出ることがある上、

 

用法を守って服用しないと不正出血等を引き起こす恐れがあります。

 

特に、アフターピルは体への負担が大きいため、あくまでも避妊に失敗した場合のみの使用にとどめ、

 

通常は低用量ピルやほかの手段での避妊を行いましょう。

アイピル