MENU

アフターピル


ピルやアフターピルを使用しての避妊法

 

男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。それぞ防ぐためには避妊をする必要があります。

 

日本の社会では、避妊方法として男性のコンドームが主流ではあるのですが、

 

最近は女性が自分の身を守るために避妊薬を服用するようにもなっています。

 

その一つとして、低用量ピルがあります。これは低用量のホルモン剤が入っている錠剤であって、

 

基本的には毎日服用することで、ホルモンのコントロールをして妊娠を防ぐという方法になります。

 

生理周期を4週間として生理の初日から服用し始めるようになっています。

 

毎日欠かさず飲むことが大切であり、習慣づける必要があります。正しい服用ではほぼ100%に近い効果があります。

 

また、性交渉をして妊娠してしまったかも知れないという時に服用したいのが、緊急用のアフターピルです。アフターピルというのは、

 

性交渉のあとに72時間以内に服用する中用量のピルになります。

 

早く服用するほうがより効果的だといわれます。

 

受精卵ができていても着床しないように少し強いホルモン剤を飲むので、緊急用にはオススメの薬になります

 

いずれにしても産婦人科で出してもらうか、海外からの個人輸入で入手できるようになっています。

アイピル