MENU

アフターピル


アフターピルの摂取を避けたい人には日頃からの低用量ピルがおすすめ

 

アフターピルは、避妊に失敗した時に服用する処方剤です。

 

排卵を送らせたり子宮内膜への精子の着床を阻害する効果があります。

 

ホルモンバランスを急激に変化させるため、いろいろと弊害を生じます。

 

できることならアフターピルは避けたいという方には、定期的に飲むことで、排卵の抑制を行う低用量ピルがおすすめです。

 

低用量ピルは避妊のみならず月経調整、月経痛や月経過多の改善、

 

月経前症候群の症状改善などの目的で多数の女性に使用されています。

 

ピルはとても安全な薬ですので、ピルを飲んでいるから何か病気になるのではと心配する必要はありません。

 

子宮体ガンや卵巣ガンはピルを飲むとむしろ減少する場合もあります。

 

低用量ピルを始めると、最初の2~3週間は不正出血の可能性がありますが、継続して使用すると次第に不正出血は治まっていきます。

 

それに、ピルを飲むと、生理周期=28日で、規則的に来るように改善されます。

 

旅行や試験など大事なスケジュールが生理と重なるときは、生理日の変更を可能にすることができます。

 

最近は、インターネットを使ったオンライン相談も実施されているので、医師に相談するのが恥ずかしい女性も、

 

メールのやり取りのみで、オンライン処方でピルを入手することが可能になっています。まずは、気軽に相談してみることをおすすめします。

アイピル