MENU

アフターピル


アフターピルで妊娠のリスクを回避しよう

 

本来であれば妊娠するということは、おめでたいことではありますが、

 

望まない性行為などが行われた場合やコンドームの使用に失敗したといような場合、

 

性行為後に避妊をするということも一つの選択肢となってきます。

 

そこで、もしかしたら、妊娠の可能性がある性行為をした場合であっても、その後にアフターピルを服用することによって、

 

妊娠のリスクを回避することが可能です。

 

アフターピルを服用すると、強制的に生理が起こり、受精卵が着床するのを防ぎます。

 

服用方法としては、性行為後72時間以内に服用することが重要になってきます。

 

服用のタイミングが遅れてしまうと、受精卵が着床してしまいますから注意が必要になってきます。

 

最近のアフターピルの特徴としては、これまでは2回の服用が基本でしたが、最近では1回の服用でも可能となり、

 

飲み忘れることが少なくなったということ、吐き気などの副作用が少なくなったり、少しずつ改良されてきて、使いやすくなってきています。

 

中には、アフターピルを服用することに対して、抵抗がある人もいますが、服用しても副作用は出る場合もあるということを除けば、

 

身体的に影響を及ぼすということはほとんどありませんから、安心して服用しても大丈夫です。

アイピル