MENU

アフターピル


経口避妊薬/アフターピルとは

 

経口避妊薬とは一般的にはピルと呼ばれ、中用量や低用量ピルおよびアフターピルの総称となっています。

 

現在では低用量ピルの使用が最も多いことから、経口避妊薬は低用量ピルを指す場合が多いです。

 

低用量ピルは21日間の月経周期に合わせて毎日服用するホルモン剤で、女性ホルモンのバランスをとることで、99.9%の高い成功率で避妊をします。

 

また、月経がコントロールできることから、避妊目的とは別で生理不順の女性が利用することもあります。

 

アフターピルは低用量ピルのように計画的な避妊を目的とはせず、コンドームなどの避妊具を使用して失敗した際に用いる緊急避妊のひとつで、分類すると中用量ピルにあたります。

 

高濃度の女性ホルモンを含んだ錠剤を服用することで、女性ホルモンを大きく変化させ、排卵を遅らせたり抑制したりすることで、妊娠を回避する方法です。

 

性交後から72時間がタイムリミットとされ、それ以降では避妊の効果がほとんど得られないことから、アフターピルの早めの使用が推奨されています。

 

アフターピルでは急激なホルモンの変化を行うので、女性の体に負担が大きく、日常的に使用できるようにはなっていないので、文字通り緊急時のみが正しい使い方となります。

 

 

アフターピルとして処方される2つの種類

アフターピルで処方されるのは主にヤッペ法とノルレボ法の2種類。
どちらも72時間以内の服用が絶対です。
新薬だともう少し時間が経ってからでも効き目があるアフターピルも出ているみたいですけどね。
一般的には上記の二つ。
避妊阻止率はノルレボ法の方が高いようです。
また副作用においても、ノルレボ法の方が出にくいという報告が上がっています。
一見メリットばかりのように思えるノルレボ法ですが、薬価がヤッペ法よりも高いんですよね。
なのでお金が無い場合にはノルレボ法の服用は難しいかもしれません。
ヤッペ法は吐き気などの副作用が出やすいというデメリットがあります。
万が一戻してしまうと、追加で服用しなくてはいけません。

 

アフターピルに頼った方が良い時もあります

低用量ピルの避妊率はほぼ100%です。
それに比べ、コンドームの避妊率は85%程度。
つまり10回性交したら、1回は妊娠してしまう可能性があるということです。
普段から恋人とラブラブな女性は、低用量ピルを服用するのが一番安心ですよね。
でもピルは喫煙している人や肥満体形の人など、服用できない場合もあるんです。
どうしても不安な時には、アフターピルの服用を検討した方が良いでしょう。
最近販売されたアフターピル、こちらは性交後120時間以内であれば服用が可能です。
ただどれも値段が高いですし、一時的な副作用が起きる可能性もあります。
診察料も考えると、アフターピルに頼りきりというのも考えものかもしれません。

アイピル