MENU

アフターピル


経口避妊薬/アフターピルとは

 

経口避妊薬とは一般的にはピルと呼ばれ、中用量や低用量ピルおよびアフターピルの総称となっています。現在では低用量ピルの使用が最も多いことから、経口避妊薬は低用量ピルを指す場合が多いです。低用量ピルは21日間の月経周期に合わせて毎日服用するホルモン剤で、女性ホルモンのバランスをとることで、99.9%の高い成功率で避妊をします。また、月経がコントロールできることから、避妊目的とは別で生理不順の女性が利用することもあります。アフターピルは低用量ピルのように計画的な避妊を目的とはせず、コンドームなどの避妊具を使用して失敗した際に用いる緊急避妊のひとつで、分類すると中用量ピルにあたります。高濃度の女性ホルモンを含んだ錠剤を服用することで、女性ホルモンを大きく変化させ、排卵を遅らせたり抑制したりすることで、妊娠を回避する方法です。性交後から72時間がタイムリミットとされ、それ以降では避妊の効果がほとんど得られないことから、アフターピルの早めの使用が推奨されています。アフターピルでは急激なホルモンの変化を行うので、女性の体に負担が大きく、日常的に使用できるようにはなっていないので、文字通り緊急時のみが正しい使い方となります。

アイピル