MENU

アフターピル


アフターピルはどんなときに使うの?

 

アフターピルは、避妊に失敗した性交後に飲むと、妊娠を回避できる薬です。

 

市販されていないため、婦人科を受診して処方してもらいます。

 

全ての婦人科で取り扱っているとは限りませんので、受診前に問い合わせることをおすすめします。

 

アフターピルには、ヤッペ法と呼ばれる中用量ピルを使用する方法と、

 

緊急避妊薬として開発されたノルレボ錠を使用する方法があります。

 

ヤッペ法では主にプラノバールが処方され、性交後72時間以内に1回目を服用し、その12時間後に2回目を服用します。

 

中用量ピルを使うため、吐き気などの副作用が強く、嘔吐する人も少なくありません。

 

短時間で嘔吐した場合、再服用が必要です。

 

ノルレボ錠はエストロゲンが含まれないため、副作用が少なく、1度の服用で済みます。

 

どちらも、服用後、生理が来て初めて避妊が確立したことが分かります。

 

生理予定日を過ぎても始まらない場合には、妊娠の可能性があるので産婦人科を受診してください。

 

アフターピル服用後は、ホルモン環境の急激な変動があるため、排卵時期の予想もつきにくくなります。

 

妊娠を望まないなら、きちんと対処しましょう。

 

アフターピルは、既に妊娠している場合に使っても、胎児に悪影響はないとされています。

アイピル