MENU

アフターピル


アフターピルを服用後の生理

 

アフターピルは避妊に失敗した際に用いられる緊急避妊の方法のひとつで、

 

性交後から72時間以内の使用で高い効果を発揮します。高濃度の女性ホルモンを配合した錠剤なので、

 

服用すると女性ホルモンに急激な変化をもたらし、排卵を抑制したり遅らせる効果があり、

 

その後に子宮内膜を剥がして着床できなくさせます。子宮内膜が剥がれ落ちるのは生理でも同様で、

 

アフターピルでは強制的に生理を起こさせるようにします。どちらでも出血は起こりますが、

 

アフターピルによる出血を消退出血と呼び、自然に起こる出血とアフターピルによる現象を区別するためにその名が付けられています。

 

この消退出血が起こると着床ができなくなるので、緊急避妊が成功した証となります。

 

消退出血は周期や個人差によるものが大きいですが、平均して1週間ほどで起こり、早い人では3日で出血します。

 

消退出血の量は排卵日によって左右され、排卵日が終わってすぐに頃には剥がれる子宮内膜が少ないので、

 

出血量も少なくなります。生理が終わったばかりでは、すぐ次に出血は起こらず、

 

しばらく期間を空けてからとなるので、アフターピルを服用しても出血するまでに、長ければ3週間はかかることがあります。

アイピル