MENU

アフターピル


アフターピルと生理の関係について

 

 アフターピルは性行為で避妊に失敗した時に緊急に避妊をするために使用する緊急避妊薬です。

 

ピルには低用量のものと中容量のものがありますが

 

アフターピルは中容量のピルで服用する事によってホルモンバランスを急激に変化させて避妊をすることができます。

 

種類はヤッぺ法とノレルボ法の2種類の方法があり、ヤッぺ法は性行為をした後72時間以内に1錠服用し

 

その後12時間経ったらもう1錠服用します。

 

毛1つがノレルボ法で性行為後72時間以内に2錠飲むことで効果が期待できます。

 

ノレルボ法の方が費用が安く、副作用も少ないためこの方法が主流となってきています。

 

アフターピルを服用して1週間程度で出血します。

 

早い人では3日程度で出血することもあります。

 

この出血は消退出血と言いホルモンの調節を行い子宮内膜をはがしている状態を言います。

 

整理も子宮内膜を剥がしている状態ですが、

 

自然な出血なのかそれともピルによる出血なのかを区別するために消退出血と呼び名を変えています。

 

この出血があれば避妊が成功したと言えます。

 

稀にですが3週間たっても出血が起きない場合があるため

 

この場合は市販されている妊娠検査薬を使用して妊娠の有無を確認する必要があります。

アイピル