MENU

アフターピル


アフターピルを必要とする場合は急いで医師の診断を仰ごう

 

アフターピルは一度服用すれば確実に避妊をすることができるので、何度も服用することはありませんが、

 

緊急避妊が目的なので、アフターピルを必要とする場合には、

 

犯罪に巻き込まれた場合には救急病院で医師の診断を仰ぐ必要がありますが、

 

その他の場合には婦人科で医師に事情を説明して、血液検査やホルモン検査をしてから処方されます。

 

アフターピルは何度も服用すると女性の体に負担が大きいので、継続的に避妊をする場合には低用量ピルが処方されますが、

 

このピルは生理周期に合わせて21日間服用しなければならないので、途中で勝手にやめた場合は、

 

避妊効果がなくなるだけでなく、不正出血が起きる可能性もあります。

 

生理でもないので出血が起きることがありますが、ピルを飲み忘れたり、中止をした時の出血は一時的な症状なので、

 

2日程度で出血が止まります。生理以外の出血が長く続いた場合には、

 

医師に相談をして超低用量ピルを服用するなどの適切な治療を受ける必要がありますが、

 

妊娠を望んでいる場合にはピルの使用を中止するので、医師に説明をして上手にピルの使用を中止しなければなりません。

 

ピルを服用している場合は妊娠を希望するときには自分の判断で服用を中止せずに

 

医師や薬剤師に相談をしなければなりません。

アイピル