MENU

アフターピル


アフターピルの処方は保険適用される?

 

アフターピルは避妊が失敗した際に用いられる薬で、緊急避妊法のひとつとなっています。

 

女性ホルモンを配合したホルモン剤で、服用することで体内のホルモンバランスを変化させ、

 

排卵の抑制または遅延、強制的な生理を行うことで受精や着床をできなくさせるものです。

 

アフターピルは市販されていないので、避妊に失敗した人が慌ててドラッグストアに購入しにいっても

 

そこには置いていないので注意しましょう。医師の要指示薬となっているので、病院で処方してもらうか

 

ネット通販で購入する以外に方法はありません。アフターピルだけでなくピル全般に言えることですが

 

基本的にはピルの処方に保険適用はありません。特にアフターピルは避妊が目的となっており

 

健康上には問題なく、治療行為にもあたらないので、購入には全額自己負担となります。

 

中用量ピルで治療目的に使用される場合は保険が適用されることもありますが、それは稀なものなのであてにならないでしょう。

 

どちらにしても費用は高額になり、アフターピルだけで5,000~15,000円ほどかかりますが

 

初診料も2,000~3,000円ほど必要となります。

 

病院によっては30,000円ほど請求されることもあるので、購入する時はお金を多めに持っていくといいでしょう。

アイピル