MENU

アフターピル


アフターピルを飲んだのに避妊に失敗したケース

 

アフターピルは性行為後に使用することによって、妊娠を回避することができる薬です。

 

しかし、正しい使用方法でアフターピルをし使用しないと、避妊効果が薄れてしまい、

 

避妊に失敗してしまうケースもありますから注意が必要になってきます。

 

そこで、どのような失敗事例があるのかというと、一番多いこととして、アフターピルの飲み忘れを挙げることができます。

 

特に、2回に分けて飲むタイプのピルの場合、2回目の服用を忘れることが多いです。

 

もし、2回目の服用を忘れた場合、避妊効果が薄れてしまうので、気づいたら早めに服用するということが大事になってきます。

 

他の事例としては、性行為からだいぶ時間が経過してからのアフターピルの使用を挙げることができます。

 

アフターピルは、性行為後72時間以内に服用することが避妊効果を得るためには必要になってきますが、

 

72時間を超えてしまうと避妊効果が薄れてしまいます。失敗したかどうかについては、

 

生理で出血が3週間以内に起こるかどうかが判断の目安になります。

 

もし、3週間を経過しても出血が起こらない場合は、使用がうまくいかなかった可能性がありますから

 

妊娠検査薬などを使用して、まずは自分で妊娠したのかどうかを確認してみる必要性があります。

アイピル