MENU

アフターピル


アフターピル,飲み方

 

アフターピルは緊急避妊の方法で、望まない妊娠を回避するために用いられます。前提として性交後の72時間以内に服用することが重要で、それ以降では精子の受精や着床のリスクが高まるため、効果が見られないことがほとんどです。アフターピルは医師の処方薬なので、入手する際には医師から飲み方の指導があるかと思いますが、それ以外の方法で入手した場合は飲み方の説明がありませんので、間違えた方法で飲んで避妊を失敗しないようにしましょう。アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2つの種類が存在し、それぞれに用法が異なります。プラノバール錠は1回で2錠を服用し、12時間後に再び2錠を服用します。必ず12時間後に服用する必要があるので、2回目が夜中になる場合は1回目の時間をずらすか、目覚ましをセットして夜中に起きるようにします。ノルレボ錠は非常に簡単で、1回に2錠を服用するだけで終了となります。プラノバール錠は薬価が安く利用しやすいですが、副作用の可能性が高く、飲み忘れが起きるリスクが高いのがデメリットです。ノルレボ錠は副作用が少なく、1回で済むことから飲み忘れがないのがメリットですが、薬価が高いことから費用が大きくなります。ちなみにノルレボ錠は性交後120時間までは避妊できる可能性があるので、72時間を超えても諦めずに医師に相談してみるといいでしょう。

アイピル