MENU

アフターピル


アフターピル,飲み方

 

アフターピルは緊急避妊の方法で、望まない妊娠を回避するために用いられます。

 

前提として性交後の72時間以内に服用することが重要で、それ以降では精子の受精や着床のリスクが高まるため、効果が見られないことがほとんどです。

 

アフターピルは医師の処方薬なので、入手する際には医師から飲み方の指導があるかと思いますが、それ以外の方法で入手した場合は飲み方の説明がありませんので、間違えた方法で飲んで避妊を失敗しないようにしましょう。

 

アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠の2つの種類が存在し、それぞれに用法が異なります。

 

プラノバール錠は1回で2錠を服用し、12時間後に再び2錠を服用します。

 

必ず12時間後に服用する必要があるので、2回目が夜中になる場合は1回目の時間をずらすか、目覚ましをセットして夜中に起きるようにします。

 

ノルレボ錠は非常に簡単で、1回に2錠を服用するだけで終了となります。

 

プラノバール錠は薬価が安く利用しやすいですが、副作用の可能性が高く、飲み忘れが起きるリスクが高いのがデメリットです。

 

ノルレボ錠は副作用が少なく、1回で済むことから飲み忘れがないのがメリットですが、薬価が高いことから費用が大きくなります。

 

ちなみにノルレボ錠は性交後120時間までは避妊できる可能性があるので、72時間を超えても諦めずに医師に相談してみるといいでしょう。

 

 

アフターピルはいつまで飲めば良いの?

 

避妊のためにとピルを服用している人の場合には、ピルを使用することで、これからも避妊をしていきたいと考えるものです。
飲み忘れを防止することで非常に高い確率で避妊をすることができるものもあるのです。

 

自分主導で避妊をしたい、という方には非常に魅力的なものだと思います。
避妊には効果的なピルなのですが、どのくらいの期間飲み続ければ良いのでしょうか。

 

実は、いつまでピルを飲めば良いのかというのは個人差があるものです。
ピルを飲まなくても妊娠しなくなる年齡になったらピルを飲む必要はなくなります。

 

40歳前後になると妊娠をする可能性はかなり低くなります。
とはいっても、もちろん妊娠をする可能性がゼロになるわけではありません。

 

そのため、より妊娠の確率が低くなる50代になるまではピルを飲むようにしましょう。
万が一ピルを飲んでおらず、妊娠をした可能性が出てきたのであれば、その場合にはアフターピルを服用してみてはどうでしょうか。

 

アフターピルを服用することによって効率よく避妊を行うことができます。
もちろん緊急用ピルですので、どこで処方をしてもらうことができるのか、ということは万が一のためにしっかりとチェックしておくようにしましょうね。

アイピル