MENU

アフターピル


アフターピルの使用失敗の確率と原因

 

自分では望まない妊娠を防ぐためには、性行為時にコンドームを使用するということが一般的ですが、

 

中にはコンドームの使用に失敗したり、使用しなかったりして避妊することができないような場合もあります。

 

そのような場合は、アフターピルを使用することによって避妊をすることができます。ただし、

 

アフターピルの使用に失敗したりすれば、避妊することができなくなってしまう可能性もありますから注意が必要になってきます。

 

どのくらいの確率で失敗してしまうのかというと、

 

現在のアフターピルの避妊率に関しては、80パーセントくらいの確率で避妊できるといわれていますから、

 

およそ20パーセントの確率で妊娠する可能性があるということがいえます。

 

ですから、アフターピルを使用すれば、

 

100パーセントの確率で完璧に避妊することができるということにはならないということを理解しておく必要があります。

 

他にも、飲み忘れにより避妊することができないというケースもあります。

 

これは、主に薬の2回の服用の内、2回目の服用を忘れてしまうことにより起こることがあります。

 

もしも、飲み忘れに気づいたら、なるべく早くアフターピルを服用することが大事になってきます。

アイピル