MENU

アフターピル


事後の避妊のためのアフターピルの種類について

 

性行為での避妊に失敗したとき、事後の避妊に用いられるアフターピルですが、

 

プラノバール錠とノルレボ錠の2種類があります。

 

プラノバール錠を用いた緊急避妊の方法は、ヤッペ方と呼ばれています。

 

これは、中用量ピルをアフターピルとして転用し、排卵を抑制して緊急避妊するものです。

 

性交後72時間以内に2錠服用し、その12時間後に再度2錠服用します。

 

費用は比較的安いですが、2回目の服用を忘れてしまうと効果が得られないというデメリットがあります。

 

また、吐き気や頭痛などの副作用が出やすいので、近年ではあまり使われなくなりました。

 

これに対し、ノルレボ錠は国内で初めて緊急避妊専用の錠剤として認可されました。

 

性交後72時間以内に2錠服用します。推奨されているのは72時間以内ですが

 

120時間以内までの服用であれば、効果は低下しますが効くと言われています。

 

プラノバール錠と違い、1回の服用で済むため、飲み忘れて事後の避妊に失敗するリスクを減らすことができます。

 

また、副作用が少なく、吐き気や頭痛が起こりにくいというメリットがあります。

 

費用はプラノバール錠よりも1.5倍ほどかかりますが、避妊率はヤッペ法よりもやや高くなります。

アイピル