MENU

アフターピル


アフターピルを使用する際の注意点とは

 

「アフターピル」とは、男女が性交を行ったあとに、

 

避妊に失敗した際に、緊急的に妊娠を防ぐために服用するピルのことです。

 

アフターピルは、一般的に産婦人科や内科などの医療機関での処方となります。

 

ピルを服用することで、ほぼ100パーセントの確率で妊娠を防ぐことができると言われています。

 

望まない妊娠や事件性のあるものによって大変重要な役割を担います。

 

アフターピルを使用する際の注意点は、避妊に失敗してから72時間以内に服用することが必須となります。

 

これは、着床する時間内で着床を防ぐためです。

 

使用法は、薬剤の種類によって異なります。1錠を服用後、12時間後に再度1錠服用する2回飲みのもの、

 

1回で2錠を服用するタイプがあります。服用法は、必ず守る必要があるので、服用する際は、注意が必要です。

 

また、アフターピルは、保険診療は適用されないので、自費となります。

 

医療機関によって設定されている金額や使用している薬剤は異なるので、

 

あらかじめ医療機関に確認しておくとよいでしょう。

 

アフターピルは、正しく服用することで、緊急の避妊を防ぐことができて安心ですが、

 

日頃から自分達でしっかりと避妊を行うことが大切といえます。

アイピル