MENU

アフターピル


避妊の大切さとアフターピルの使い方

 

異性同士が惹かれあって、愛し合う行為として性交渉というのは当たり前のことになります。

 

愛情を確かめ合う行為としては、素敵なことですが、一方で妊娠をしてしまう可能性も忘れてはならないものです。

 

まだ妊娠をするには早い段階であれば、避妊をしていく必要があります。性交渉を軽く考えて、

 

妊娠をしてしまうと一つの命が出来ているということでもあり、その命をどうするのかということを考えることになります。

 

しかし、今はそのあたりがそれほど深く考えられなくなっている部分もあるので、

 

今一度じっくり考える必要があることでしょう。

 

もしも避妊に失敗したり、相手が協力してくれない場合には、望まない妊娠をしてしまうという可能性があります。

 

性交渉のあとにひやりとしたことがある人もいることでしょう。そういった時には、

 

アフターピルという緊急避妊薬があることを知っているといいでしょう。アフターピルは、

 

性交渉から72時間以内に服用するとできてしまった受精卵を子宮に着床させない働きがあります。

 

医療機関で出してもらうものですが、その使い方をしっかりと知って、すぐに医療機関にかかる必要があります。

 

ただ、原点に戻って考えてみて、避妊の必要性を忘れないようにしたいものです。

アイピル