MENU

アフターピル


アフターピルってなに?

 

アフターピルとは避妊が失敗した際に用いられるピルの種類のひとつで、緊急避妊薬などとも呼ばれています。

 

コンドームによる避妊で、ゴムが破れていたなどのトラブル時や、レイプといった性犯罪に巻き込まれた女性に使用されています。

 

一般的にピルと呼ぶと低用量ピルのことを指し、月経周期に合わせて継続して服用することで、

 

計画的な避妊が可能となります。アフターピルは中用量ピルに分類され

 

ホルモン含有量が低用量より多く、服用してホルモンバランスを大きく変化させることで

 

排卵を抑制または遅延させ、子宮内膜を剥がすことで受精および着床を不可能にします。

 

ただし、低用量ピルを使った方法より確実性がなく、高くても95%程の避妊率となります。

 

ちなみに、アフターピルは避妊が失敗した性交から72時間以内の服用が必要とされ

 

それ以降では使用してもほとんど意味がないとされています。

 

72時間以内でも80%程度の避妊率ですが、対処が早ければ早いほど成功率は高まるとされ

 

24時間以内の服用ではじめて95%の避妊率となります。文字通り緊急時に使用されるもので

 

この方法が失敗すると、受精卵が着床して妊娠するため、最後の避妊方法となります。

 

アフターピルの効果に確実性がないので、通常は他の避妊方法を使うことが推奨されています。

アイピル