MENU

アフターピル


アフターピル「プリベン」に健康被害はあるのか

 

 アフターピルであるプリベンは性行為の際避妊に失敗した場合に服用する事によって

 

緊急に避妊をする事が出来る緊急避妊薬です。

 

使用方法としては性交後72時間以内に2錠服用し、さらに12時間後に2錠服用します。

 

アフターピルを飲む事によってホルモンバランスを急激に変化させ、

 

強制的に子宮内膜を剥がす事によって着床を防ぎます。

 

しかし、プリベンを服用する事によって副作用や健康被害が報告されているので服用には注意が必要となります。

 

非常に副作用が強くプリベンは中容量ピルと比べて4倍、定量量ピルの8倍の容量となるので

 

吐き気は相当辛いと考えておきましょう。避妊の成功率は75%と言われていますが

 

これは吐き気が強いため服用しても嘔吐してしまい薬の効果が得られない事によって

 

妊娠を回避する事が出来ない事が原因で挙げられます。そのため、服用の際は吐き気止めを併せて服用したり

 

服用後すぐに練る等の対策が効果的です。

 

また、血栓症を発症するという健康被害が起こる可能性も考えられます。

 

特に年齢がある程度高い方や喫煙している人に血栓症を発症するリスクが高いためアフターピルの服用は避ける必要があります。

 

血栓症は命にもかかわる症状なので服用の際は専門の医師に相談する事が必要となります。

アイピル