MENU

アフターピル


アフターピルや月経前症候群で服用する28日タイプのピル

 

アフターピルは緊急避妊のために服用するピルで、急激に女性ホルモンのバランスを変化させるので、

 

緊急時にしか処方されません。未成年の場合は親の同意書が必要で、

 

体に対するアフターピルによるリスクや、副作用などに関する指導を受けてから服用することが可能になります。

 

効果は非常に高いとされていて、1回の服用で95%以上の避妊率なので

 

24時間以内ならばほぼ100%避妊をすることができます。アフターピルは犯罪に巻き込まれた場合や、

 

避妊をせずに膣内に射精をされた場合に服用できますが、血栓症のリスクが非常に高いので

 

、喫煙をしている女性や35歳以上の女性はあまり服用しないほうが良いとされています。

 

月経前症候群は低用量ピルを服用することで抑制することができますが、低用量ピルは飲み忘れの問題があるので

 

28日間毎日服用するタイプの薬も用意されています。通常は生理の初日から21日間服用しますが、

 

28日間服用するタイプのものは毎日欠かさず服用するので

 

夕食の後などに服用する習慣をつけることで飲み忘れを防ぐことができます。

 

21錠は有効成分を含んでいますが、他の7錠は偽薬なので実際のピルの成分は含まれていませんが

 

偽薬を利用することで飲み忘れを防ぐことができます。

アイピル