MENU

アフターピル


緊急時のアフターピルをやめたら月経血コントロールしよう

 

アフターピルは、セックスおける避妊に失敗した際に最低でも

 

72時間以内に服用することで妊娠を避けることができる緊急避妊薬です。

 

失敗に気づいてからなるべく早めに服用することでより高い効果が期待できるので、

 

早めに婦人科で処方してもらうようにしましょう。

 

アフターピルを服用後、しばらくすると出血が見られますがこれを消退出血と呼び、

 

本来の整理とは異なりますがこれが見られれば一応妊娠せずに済んだということになります。

 

ただ、アフターピルをやめたら、しばらくは生理周期が乱れます。

 

思わぬ時に排卵したり、一か月の間に2回生理が来るなど人によって症状は異なりますが、

 

2~3ヶ月はそのような状態が続き、しばらくすると安定していきます。

 

アフタープルの服用後は妊娠する確率も高いので、月経血コントロールをすることが大切になってきます。

 

現在はナプキンやタンポンの使用のためにあまり聞かれない言葉ではありますが、

 

それらがまだ存在していなかった頃は女性の多くは膣を絞めて出血しないようにして、

 

トイレの際に緩めて出血を出すという月経血コントロールを行っていました。

 

アフターピルをやめたら、タンポンを使用せずに出血が出そうな感じがしたら

 

膣をぎゅっと締めて出ないようにコントロールする練習をしましょう。

 

膣を鍛えると姿勢も良くなり、子宮も緩んでくるので生理痛からも解放されるというメリットもありますので

 

一度試してみることをおすすめします。

アイピル