MENU

アフターピル


結婚前は避妊に失敗してしまった場合はアフターピルを服用しよう

 

結婚していない相手と、あるいは結婚する予定のない相手とのセックスで避妊に失敗してしまった場合には、

 

この先のことを考えて不安になる人も多いと思われますが、アフターピルを服用することで妊娠を回避できます。

 

アフターピルは、女性ホルモンの合成剤であり大量の女性ホルモンが含まれていて、

 

それが体内に入ると子宮内膜をはがして人工的に生理を起こさせます。

 

避妊に失敗したことが発覚してからなるべく早い段階で飲むことで高い妊娠回避効果を得られますが、

 

最低でも72時間以内に飲めば高い確率で妊娠しないですみます。

 

しかし、100%の効果があるわけではなく、

 

また副作用により嘔吐したりすると薬の薬効が薄くなり妊娠する可能性もあります。

 

服用後、1~2日、遅くても3週間以内に出血が見られれば妊娠を回避できたことになりますが、

 

アフターピルで妊娠を回避できても、生理周期が安定する2~3ヶ月の間は非常に妊娠しやすい時期であるので

 

その期間にセックスをする場合にはきちんと避妊をして行いましょう。

 

中絶手術を行うよりは体にかかる負担は少ないですが、

 

それでも女性の身体の負担にはなりますので安易に考えずセックスをする場合には

 

必ず避妊をしてから行うのが望ましいとされます。

アイピル