MENU

アフターピル


知っておくべき!アフターピルの避妊効果と身体への安全性

 

 アフターピルは避妊を失敗してしまった時に服用すると望まぬ妊娠を防ぐ事ができます。

 

アフターピルを飲む事によって排卵を遅らせたり子宮内膜への着床を阻害する効果があります。

 

通常のピルの場合は低用量のピルを服用しますが、緊急の場合は中容量のピルを使用します。

 

中容量のピルを服用することでホルモンバランスを急激に変化することで効果を発揮します。

 

使用方法としては避妊に失敗してから72時間以内に1回服用し、その後12時間経過したのちに服用します。

 

この方法はヤッぺ法と言いますが、

 

副作用として激しい吐き気に襲われる事ありせっかく飲んだ薬を無駄にしてしまう事がありました。

 

sかし、現在ノレルボ錠が販売されるようになり、この薬は72時間以内に1回服用するだけで済み、

 

さらに吐き気などの副作用もあまりないので安全性の面で安心して使用する事ができます。

 

さらに、ノレルボ法の方が妊娠リスクを抑えられるので、ノルレボを服用する女性が増えてきています。

 

アフターピルを服用して数日で消退出血と呼ばれる出血が起こります。

 

この消退出血は子宮内膜を強制的にはがしている状態なので、避妊が成功したと言えます。

 

数日たって出血が現れない場合は妊娠している可能性もあるので妊娠検査薬で調べる必要があります。

アイピル