MENU

アフターピル


吐き気でアフターピルを吐きだして失敗するケース

 

アフターピルは緊急避妊薬ですが、吐き気や嘔吐、頭痛が起こりやすいという副作用があります。

 

その中でも一番問題なのは、折角服用したアフターピルを消化吸収しきれないまま吐きだしてしまうケースです。

 

アフターピルには合成された女性ホルモンが配合されていて、服用することで女性ホルモンのバランスを大きく崩します。

 

それにより排卵を止めたり、

 

万が一受精してしまっていたとしても受精卵が子宮に着床しないようにすることで妊娠が防げるのです。

 

そのため、一度服用したアフターピルを吐き出してしまうことは、

 

身体の中の女性ホルモンのバランスを崩せていないということになり、

 

緊急避妊に失敗してしまった可能性が高くなるのです。このような失敗を防ぐためには、

 

市販の車酔いの薬を一緒に服用しても良いと言われています。

 

吐き出してしまうことで効果がなくなるため、医師によってはアフターピルと一緒に酔い止めの薬を処方することもあります。

 

心配な場合には、一緒に処方してもらうのも良いでしょう。

 

酔い止めの薬なども使用せず万が一吐き出してしまった場合には、すぐに処方してもらった病院に連絡するようにしましょう。

 

場合によっては再度服用しなければいけないこともあります。

アイピル