MENU

アフターピル


アフターピルのデメリット

 

アフターピルを服用する場合のデメリットというのは副作用がある、ということです。
急激に排卵を遅らせることや、着床を防ぐ、というのがこのアフターピルの効果ですので、それだけ身体に負担がかかるのです。

 

アフターピルの服用における副作用というのは吐き気、頭痛といった症状が酷く出る方もいます。
それだけの副作用があるにも関わらず、用法を間違えると避妊効果が低下する、というのもこのアフターピルのデメリットだといえます。

 

アフターピルは病院に行くことによって簡単に処方してもらうことができるのですが、副作用も強いですので、できるだけ使用すべきではありません。
アフターピルを使用しなければならないような性行為は行わないようにしましょう。

 

アフターピルの服用は、望まない相手から強引に性行為を強要された、というような場合に使用するのが最も多いです。
つまり、普通に付き合っている相手との性交渉の場合には、避妊をしてもらう、ということを徹底するようにしましょう。

 

そこで、どうしても避妊を断ろうとするのであれば、その場合にはあなたのことを大切に思っていない、性行為をするだけの価値のある人間ではないということになりますので、冷静に判断することが大切です。

アイピル