MENU

アフターピル


アフターピルで避妊失敗?

 

性行為終了後72時間以内にアフターピルを服用することで75%という非常に高い確率で避妊をすることができます。
このアフターピルなのですが、避妊失敗というケースもあります。

 

まずは最初に落ち着いて冷静になるようにしましょう。
それからアフターピルを服用するようにしましょう。

 

このアフターピルは改良したとはいっても強い薬剤であるには変わりありません。
少なからず身体に負担がかかりますので、できることであれば、産婦人科において検査を済ませて服用するようにしましょう。
もちろん自己判断で服用するべき量を加減しないようにしましょう。

 

思わぬ副作用によって効果が発揮されない、という状態になってしまうこともあります。
服用後、2時間以内に嘔吐や下痢をしてしまうことがあります。

 

この2時間以内に嘔吐や下痢によって服用したアフターピルを排出してしまうことになります。
身体に薬剤の成分が吸収される前に嘔吐をしてしまったのであれば、当然ですが避妊効果を十分に得ることができなくなってしまいます。

 

そのため、薬剤を排出してしまった場合には、医師に相談をするようにしましょう。
自己判断をするのではなく、医師に相談をするというのがやはり安心ですよ。

アイピル