MENU

アフターピル


アフターピルの服用失敗の原因

 

アフターピルは正しい方法で服用することができていれば、80パーセントくらいの確率で避妊することができるといわれています。ですから、もしも、性行為後に妊娠を回避したいのであれば、アフターピルの使用が確実であるということがいえます。しかし、アフターピルは100パーセント避妊することができるというわけではなく、さらに服用失敗により、妊娠してしまうこともあります。なぜ、服用失敗が起きるのかというと、アフターピルの中には、服用が2回の薬があり、飲み忘れが起きてしまうからです。アフターピルは、通常72時間以内に1回服用し、その後12時間後に1回服用することが多いですが、2度目の服用を忘れてしまったり、服用する時間が遅くなってしまうような場合、避妊率が下がってしまうことがあります。もしも、2度目の飲み忘れに気づいた場合は、なるべく早く服用する必要が出てきます。どうしても忘れてしまいそうで不安という人は、最近の薬の中には、服用が1回のものもありますから、そのような新しい薬を服用するとよいかもしれません。このような飲み忘れだけではなく、服用後に性行為した場合は、避妊できないかの可能性がありますから注意が必要になってきます。薬の服用後は、次の生理がくるまで性交渉をしないことが大事になってきます。

アイピル