MENU

アフターピル


アフターピルの効果・効能

 

アフターピルは結婚前にもかかわらず膣内射精をされたときに緊急避妊ができるのですが、女性の体に対する負担が大きいので、通常は避妊をする場合には低用量ピルや超低用量ピルが用いられます。アフターピルの効能は避妊ですが、24時間以内ならば95%以上の避妊率で、72時間になると80%程度まで低下するので、なるべく早く婦人科などを受診して服用しなければなりません。インターネットでもアフターピルを購入することができますが、体への負担が大きいので安易な使用は避けなければなりません。低用量ピルで避妊をしている場合には結婚をして妊娠を望んだ場合には服用を中止すると数日後には妊娠可能な状態になるので、不妊の心配はありません。アフターピルは急激に女性ホルモンのバランスが変化するので、吐き気や頭痛などの副作用が出やすいのですが、低用量ピルは徐々に妊娠状態にするので副作用が出にくいという特徴があります。アフターピルは何度も服用すると血栓症のリスクが非常に高くなるので、緊急時に限って服用することが重要で、避妊はコンドームを使用したり、ピルを服用するなどの方法で日常的に行わなければなりません。低用量ピルに関しては飲み忘れると2週間程度は効果がなくなるので、コンドームを装着してセックスをしなければなりません。

アイピル