MENU

アフターピル


アフターピルの種類について

 

アフターピルは性行為後に使用することによって、避妊効果をもたらすことができる薬ですが、大きく2種類に分けることができます。その2つとは、プラノバール錠とノルレボ錠に分けることができます。プラノバール錠の使用に関しては、元来はアフターピルとして作られた薬ではなく、中用量のピルを転用したものとなっています。女性ホルモンをかなりの量摂取することになりますから、副作用も出ることが多いです。服用方法としては、72時間以内に2錠服用し、その後12時間経過した後にさらに2錠服用します。費用としては、およそ5000円から7000円くらいが相場となっています。一方、ノルレボ錠に関しては、緊急避妊専用の薬として認可されたアフターピルであり、副作用が少ないという特徴があります。また、飲み忘れのリスクが少なく、吐き気などの副作用もほとんどありません。服用方法としては、性行為後72時間以内に2錠服用するということになっています。ただし、中にはさらに12時間後にさらに2錠服用するタイプもあります。費用としては、およそ3000円から15000円前後となっています。どちらのアフターピルであっても、完璧に避妊できるというわけではありませんが、かなり高い確率で避妊をすることができます。

アイピル