MENU

アフターピル


アフターピルと服用時間の関係

 

アフターピルの服用は時間との勝負になります。一般的に性交渉後三日以内の服用で効果があると言われており、それを超えてしまうと十分な効果は望めません。避妊に失敗し、緊急避妊としてアフターピルの服用を決めた場合早ければ早い方が避妊効果は高くなります。また性交渉後三日を過ぎてしまった場合でも五日以内であれば一定の効果が見られるという海外からの報告がありますが、やはり服用は早ければ早い方が理想的でしょう。
避妊無しで性交渉した場合の妊娠する確率は8~15%程度であるとされています。高い方の確率でも85%の確率で妊娠しないという事になります。アフターピルを期間内に適切に使用した場合、この15%の妊娠確率から約80%の確率で避妊をするという効果があると言われていて、総合的には90%以上の確率で避妊する事が出来ます。100%の避妊率では無いので不安があるかも知れませんが、通常ピルを服用している場合でも100%避妊するわけでもありませんし、コンドームを使用した場合での避妊率が90%程度だという事を考えればアフターピルの効果も遜色があるわけでは無く効果が期待出来るものであると言えます。最後に効果を期待するあまり用量を守らないで服用すると副作用の心配がありますので用量はきちんと守り服用しなければなりません。

アイピル