MENU

アフターピル


アフターピルで確実な避妊を

 

望まない妊娠を防ぐ方法として有効な手段としては、アフターピルを服用するということです。このアフターピルを使用することによって、80パーセントくらいの確率で避妊することができます。ですから、他のあらゆる避妊方法と比べてみても確実な避妊方法であるということがいえるでしょう。アフターピルの使用方法としては、中用量ピルを性行為後72時間以内に服用し、その12時間後に再び服用するという方法、性行為後72時間以内に一度に服用する方法があります。妊娠が回避することができたのかどうかということに関しては、生理がくるかどうかで判断することができます。アフターピルを服用すると、早い場合は数日後、遅くても3週間以内、もしくは次回の月経予定日と同時に出血が起これば、避妊に成功しているといえます。もし、3週間以上経っても出血がなかったり、月経の予定日になっても生理がこない場合は、妊娠しているかどうかの確認をする必要があります。この時の確認方法としては、妊娠検査薬で簡単に確認することができます。また、出血はあったとしても、出血量が少ないような場合は、念のため妊娠しているかどうかの確認をしておいた方がよいでしょう。

アイピル