MENU

アフターピル


アフターピルの副作用とリスク

 

アフターピルは妊娠したくないセックスを行った場合に避妊に失敗した時、72時間以内に服用すれば妊娠をしなくて済む緊急避妊薬です。

 

基本的に婦人科で処方されますが、自由診療で保険証もいらないため費用は高額になりますが未成年でも処方してもらうことが可能です。

 

アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれており、それが体内に入ると女性ホルモンの量が急激に増えることで人工的に生理を起こさせます。

 

避妊の失敗に気づいた時点で早く飲めば飲むほど効果が高いと言われていますが、72時間を過ぎたり飲んでも吐いてしまって薬効が薄れると妊娠する可能性も高いので注意が必要です。

 

ただ、「じゃあ避妊しなくてもアフターピルを飲めばいいんだ」と短絡的に考えるほどアフターピルは体に良い薬ではありません。

 

アフターピルの副作用には、頭痛や腹痛、胸の張りなどがありますが、吐き気や嘔吐などのつらい副作用もあります。
吐いてしまうと効果がなくなってしまうので、追加してまた飲まねばなりません。

 

女性ホルモンを無理に体内に入れて生理を起こさせるわけですから、身体かかる負担やリスクは非常に大きいと考えて良いでしょう。

 

中絶手術を行うよりは体にかかる負担は少ないとされていますがそれでも何度も使用しても問題ない薬では決してないので、本当にどうにもならなくなったときの最終手段として使用するのが望ましいといえます。

アイピル