MENU

アフターピル


アフターピルの価格について

 

アフターピルは避妊をしないでセックスを行った場合や、避妊をしていたのに失敗してしまったときに、服用することで妊娠しなくても済む緊急避妊薬です。

 

中絶手術は女性の身体に大きな負担をかけますが、それに比べると負担が少なく失敗に気づいた時点でなるべく早く飲むほどに妊娠回避率が上がるといわれています。

 

アフターピルは婦人科で処方し手に入れることができます。
ネット通販などでも購入できますが、アフターピルを飲むときというのは緊急を要するため、ネット通販で頼んで届くまでだと72時間過ぎてしまう可能性があり、そうした場合には飲んでも効果が期待できない場合がありますので、婦人科で処方してもらうのが最も良い手段だといえます。

 

アフターピルは基本的に保険適用ができず自由診療になるため価格も普通の薬よりも高くなることが考えられます。

 

現在アフターピルにはノルレボとプラノバールの2種類があり、ノルレボの方が副作用が出にくいですがプラノバールに比べると価格が高いです。

 

処方してもらうクリニックにもよりますが、ノルレボが1万5000~2万くらい、プラノバールは1万円前後が相場と言われています。

 

ただ、価格に診察代や検査代が含まれているところとそうでないところがありますので、場合によっては診察台と検査代も併せて3万円ほど持っていけば十分に足りるでしょう。

 

ネット通販の方が診察代や検査代がない分安く購入できることがありますが、その場合は自己責任になりますので、粗悪なものを扱ってないか、成分は大丈夫かなど購入するサイトを選ぶ際にはしっかりと見極めて選ぶようにしましょう。

 

アフターピルと基礎体温法

 

 

女性が避妊をする方法というのはいくつもあるのですが、その中でも有効なものとして基礎体温による避妊方法があります。
そしてアフターピルの服用によるものとがあります。

 

基礎体温法による方法というのは、アフターピルと比べると手間が少しかかってしまいます。
薬剤を服用するのではないので、身体にも負担はかかりませんし、費用面においても負担はかかりません。

 

アフターピルに関していえば、費用こそかかるのですが、薬剤を服用すれば良いだけです。
そのため、服用方法をしっかりと守ったうえで服用するようにすることで、手間もかからずに避妊をすることができるはずです。

 

まず、基礎体温法による避妊というのは、事前に基礎体温をしっかりとつけておくようにして、安全日がいつなのかを十分に理解しておく必要があります。
通常であれば、月経が終了して3日間というのは体温が少し低くなります。
そして妊娠をする可能性も高くなるのです。

 

その一方で、体温が高くなった4日目以降には妊娠しにくい期間になりますので、この期間において性行為をすることで妊娠をする可能性というのは極めて低くなります。
とはいっても、排卵をする日に必ず体温が下がるというものではありませんので、ある程度は自分でパターンを知っておくことが重要です。

 

基礎体温法とアフターピルとを組み合わせることでより高い避妊効果を期待することができると考えて良いでしょう。

アイピル