MENU

アフターピル


アフターピルとは

 

緊急避妊薬(アフターピル)は、何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために作られた薬です。

 

受精卵の着床を防ぐための中用量のピル(女性用ホルモン剤)のことです。

 

避妊に失敗してしまった場合、性行為後3日以内(72時間以内)であれば事後緊急避妊として産婦人科で、「アフターピル」という妊娠を回避できる薬を処方してもらえます。

 

アフターピルで助かること

 

人の性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあるので、妊娠を望まない場合があります。

 

たとえば

  • 危険日なのに、避妊をしなかった。
  • 危険日と知らずに避妊をしなかった。
  • コンドームが破損し避妊に失敗してしまった。
  • コンドーム途中で外れてしまい避妊に失敗した

など、普段の性生活の中で避妊をしなかった場合や、失敗したために起こる“望まない妊娠”を緊急避妊薬(アフターピル)によって防ぐことができます。

 

また、性犯罪などに巻き込まれたなど、性交の強要によって避妊ができなかったケースなども、緊急避妊薬(アフターピル)が助けになります。

 

 

アフターピルの飲み方

 

ピルを2回に分けて服用しますが、妊娠する可能性がある性交後ピル1回目を72時間以内(3日以内)、2回目を1回目の12時間後に服用します。

 

この72時間以内というのは、受精から着床までにかかる期間が7日間であり、それより前に生理を起こすための数値でもあります。 しかし、時間内に服用し、妊娠の成立を回避できる確率はおよそ76%から89%です。

 

ホルモンの投与が早いほど、効果は高くなります。 より高い効果を得るためには24時間以内に服用するのがベストです。 すぐにピルを飲むことで、なんと95%の避妊効果があるといわれています。

 

アフターピル2

アフターピルの詳細はこちら

 

アフターピルの種類

 

緊急避妊薬(アフターピル)は病院で購入する方法と個人輸入で購入する方法があります。

 

病院で購入する場合

 

以前は生理不順などの治療に使うプラノバール錠(中用量ピル)が、緊急避妊ピルとして使用されていましたが、2011年5月にノルレボ錠が、正式に承認された緊急避妊薬として発売されました。

 

現在国内では、この2種類のアフターピルが使われています。

 

アフターピル(緊急避妊ピル)の緊急避妊効果(有効率)
プラノバール錠      96.8%
ノルレボ錠        98.6%
通販(個人輸入代行)で購入する場合

 

通販(個人輸入代行)ではノルレボ錠と同様の成分で作られたマドンナとポスティノールという緊急避妊薬(アフターピル)が人気です。

 

マドンナはタイのBiopharm Chemicals Co.,Ltd社で製造されています。 ノルレボ錠と同じ成分なので効果も同じく、一定時間内にホルモン剤を服用することにより、卵巣・卵管・子宮内膜に作用して、排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を阻止させます。

 

たとえ受精が起きてしまっても子宮内膜への着床をも防ぎます。かなり確実な避妊法で、失敗率は 2.5%程度であると言われています。

 

ポスティノールはハンガリー大手製薬会社のGEDEON RICHTER Ltd.で製造されたもので、ノルレボ錠と同じ成分でできており、さらにエチニルエストラジオール0.75mgを配合した新しい緊急避妊薬(経口避妊薬)です。

 

避妊手段をとらない性交後72時間以内に服用すれば、妊娠の防止を助けます。

 

 

通販(個人輸入代行)ではプライバシーも安心

 

 

中身は分からないのでプライバシーも守れます。貨物検索があるので配送状況も確認できます。

 

手続きもネット通販と同じ要領で難しくありません。注文後は発送まで3回程度、確認メールがきますのでこの点も安心です。

 

 

 

 

 

アフターピルの購入方法

病院で購入するメリット

 

性交後、72時間(できれば24時間)以内に病院に行けば.緊急避妊薬(アフターピル)を処方してもらえます。

 

病院によってですが、簡単な問診表を書いて、一緒に渡されたピルの説明を読むだけなど、簡単に処方してもらえます。

 

中には身分証明書の代わりに保険証の提示を求める病院もありますが、もともと保険適応外診療なので確認だけで済みます。 また、処方される薬も安心して服用できます。

マドンナ

病院で購入するデメリット

 

デメリットとしては、まず、緊急避妊薬(アフターピル)を処方してくれる病院が大変少ないです。 「母体保護法指定医」となっている産婦人科はだいたい処方してくれますが、あらかじめ電話で確認する必要があります。

 

また、避妊に保険は適用されない自費診療なので、5,000~10,000円の病院が多いようです。費用も事前に問い合わせた方がいいかもしれません。

 

最大のデメリットは産婦人科に出入りしたりすることで、他人に避妊の事がばれてしまう心配です。

 

誰にも知られずに問題解決したい人にとっては、病院へ行くというのはかなりハードルが高くなってしまうかもしれません。

 

 

通販(個人輸入代行)で購入するメリット

 

通販(個人輸入代行)はいわゆるネットショッピングが主流です。日本で処方されている薬と同様の成分が配合されている薬を購入することができます。

 

価格も格安です。病院の処方箋もいらないので病院に行って誰かに合うリスクもなく、誰にも知られずに購入し避妊をすることができます。

 

個人輸入代行のショップを利用すれば個人輸入の面倒な手続きもなく簡単に購入することができます。

 

 

通販(個人輸入代行)で購入するデメリット

 

通販(個人輸入代行)の場合、扱っている薬品が海外では認められているが、日本では未認証医薬品であることです。薬の説明書も輸入先の外国語表記で日本語で書かれていません。

 

また、自宅以外の送り先は受け付けてもらえない他、申し込みからと手元に届くまで早くても1週間~2週間かかってしまうため、72時間以内の服用に間に合いません。

 

あらかじめ、緊急用に購入しておく必要があります。

 

輸入代行業者はあくまで仲介業者ですし、個人輸入自体、自己責任になってしまうので、万が一偽物をつかまされたり、健康被害が出たりとトラブルが起こっても責任はとってくれません。

 

通常のショッピングと違い、返品交換やクーリングオフも対応がないので信頼できる業者を利用することが重要です。

 

 

持っていて安心のアフターピル

女性の立場として

 

緊急避妊薬(アフターピル)は吐き気や生理不順など副作用も強く、決して常用すべき方法ではありませんが、望まない妊娠や中絶は女性にとって、とても辛いものです。

 

しかも、男性の欲求のために、思いもよらず避妊しない性交した時には次の生理が来るまで不安な毎日を過ごさなければなりません。

 

性犯罪に巻き込まれるのも女性が大半です。

 

辛い思いをさらに辛くさせないためにも緊急避妊薬(アフターピル)は女性を守る救世主でもあり、緊急避妊薬(アフターピル)を持つということは毒蛇にかまれた時のための強力な解毒剤を持つのと同じ安心感が得られます。

 

治安の悪い所に住んでいるなら、護身用に防犯ブザーとともに緊急避妊薬(アフターピル)を持っているのが当たり前でもおかしくはありません。

 

男性の立場として

 

男性ならばコンドームなど避妊具無しに、快感を得たいという欲求があります。 テクニック次第では中だしせずに寸前で外に出すなど避妊ができますが、どれも完全是は無く、もしも妊娠してしまった時には当然責任の生じます。

 

また、まだ子づくりを望まず父親の準備もままならないまま妊娠させてしまった時には、親としての自覚のない父親になってしまいます。

 

しかし、快楽は得たい。そんな生理的欲求を安心して解消するための万が一のためのお守りのようなものが緊急避妊薬(アフターピル)です。

 

このように、緊急避妊薬(アフターピル)は女性にとっても男性にとっても、いざという時のために持っていると安心できる、まさに緊急対策アイテムです。

 

しかしながら、人の目があるので病院で購入するのは少しためらわれます。 そんな時は、通販(個人輸入代行)を利用すれば、人知れず購入できます。 72時間以内に間に合うよう、あらかじめ購入しておくという選択肢もあります。

アイピル